● 自己紹介


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
●リンク
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

08
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
| 1 / 388 pages | >>
tape
今日は前倒し

CA3I656600010001.jpg 今朝は予報通り涼しいな。僕はこれから出かけて明日と明後日、場合によってはしあさってまで更新できないから、いつもは日曜日の珍名探しを前倒しして本日公開する。あっ、泥棒さんに言っときますけど、僕は出かけても芦原会館出身の婿さんは家にいますよ。

 先日公開の2軒は惜しかった。「龍宝」さんは「りゅうほう」さんで全国7軒。東京・鹿児島各3。だけど「竜宝」さんも7軒あった。東京・鹿児島各3、神奈川1。僕が見つけた龍宝さんは、電話帳には竜宝で登録しているのかもしれない。由来不明らしいぞ。「篠隈」さんは「しのくま」さんで全国14軒。福岡12、東京・山口各1。福岡県朝倉郡筑前町篠隈発祥。またまた鍋谷さんに教えていただいた。深謝。

 さて本日発売は写メの2軒だ。上は「みつかわ」さんだろう。下は「つりさわ」さんだ。どちらも初めて見たよ。というわけで、僕は5時ちょうどに家を出る。佐久の酒蔵に顔を出して、その後は飯山へ。昼に「本多」で鰻を食べてから秋山郷入りだ。
CA3I666500010001.jpg
 

| - | 04:02 | - | - |
tape
オニヤンマ合戦

CA3I144700010001.jpg 5年前の今日、僕は秋山郷で子供たちとオニヤンマ捕り競争をした。相手は保育園年長組から小学校6年生までの男子4人。おじさん独りで捕ったオニヤンマの数と、君たち全員が捕った数を較べようじゃないか。僕の提案に彼らの顔がこわばった。「なめんじゃねえぞジジイ」、子供たちの眼はそう言っていた。

 東京の子供と違い、虫捕りは彼らにとって日常の遊びである。東京からきたジイサンに負けるわけがない。1対1でも負けるわけがないのに、4対1でかかってこいとは、なんと不遜なジジイだろう。6年生の少年は、こみあげる怒りを薄笑いで隠そうとしていた。

 午後3時試合開始、試合終了は5時と決めた。ちょっと長いような気がするが、少年たちは時計を持っていない。夕方5時を知らせるアナウンスが流れるまでを試合時間としたのである。彼らは自分の得意なポイントへと散って行った。僕は2匹のオニヤンマの縄張りの境界に立つ。1匹捕まえれば、どこからともなく別な個体がやって来て、その空間を占有する。二つのテリトリーで交互に採集していけばいいわけだ。

 試合が終わった。僕の採ったオニヤンマは42匹、少年たち4人の採集数は計23匹。その瞬間から僕は彼らの神となった。写メ上は最年少、当時6歳の弥夢(ひろむ)君である。右手に持っているのが僕の捕虫網。11歳になった彼が、僕との再選を熱望しているという。受けてやろうじゃないか。ただし彼は土日はフットサルの練習で下界に降りてしまうらしい。月曜日の午前中まで僕は秋山郷にいるけれど、山の小学校はもう二学期が始まっている。うまく時間がとれるかな。やる気十分の僕は、あとで車に捕虫網を積む予定である。返り討ちにしてやるぞ。
CA3I064200010001.jpg
 

| - | 04:27 | - | - |
tape
秋の気配

CA3I666700010001.jpg 夕べは一家で外食。吉祥寺のイタリアンで飯を食いながら、台湾料理の話で盛り上がる。盛り上がった勢いで、電車に乗って中野に移動。台湾料理屋で鱈腹食べちゃった。なんという馬鹿な家族だろう。あきれてものが言えないよ。僕のアルコール摂取量は出かける前に庭で缶ビール2本。イタめし屋で中生1杯、グラスのワイン2杯、台湾料理屋で紹興酒ボトル1本。二つの店での食事摂取カロリーは推定4000㎉。あと四つ寝ると滿70歳の爺さまの所業とは思えない。

 いつもなら腹が減って4時に目が覚めるのだが、今朝は胃が重くて目が覚めた。腹ごなしの散歩に出たら空は秋の気配だった。できそこないの鱗雲が浮かんでいる。タラの花も満開になった。もうすぐ食欲の夏が終わって食欲の秋がくる。明後日の朝から秋山郷へ。昼飯は飯山の「本多」の鰻重と決めている。
CA3I666600010001.jpg
180816_0559~010001.jpg
 

| - | 08:28 | - | - |
tape
また墓参り

CA3I666200010001.jpg 短足校長から電話あり。「お前なあ、墓参りの写真で首になんか巻いてるけどムチ打ちになったのかよ」だって。6日の記事を見て心配してくれたらしい。あれは保冷剤を包んだ日本手拭いを首に巻いているんだよ。

 今月4日の土曜日、僕は首を冷やしつつ父母の墓参りをした。そして一週間後の11日、今度は義父のお墓に詣でたんだ。去年の暮れに亡くなったから新盆になる。二週続きの炎天下の墓参り。基本的にお墓に日陰はないから、真夏の墓参は辛いな。今回も保冷剤手拭いだぜ。

 墓は埼玉県蓮田市にある。曹洞宗の大きなお寺の境内だ。蓮田駅近くに気になるラーメン屋があるから、墓参の後に行きたかったが、隣の白岡市に住むカミサンの妹がご馳走を作って待っててくれたから、蓮田ラーメンはお預けとなった。そのうち行くぞ。というわけで、今日の午前中は退屈な会議だ。
CA3I666400010001.jpg
 

| - | 05:16 | - | - |
tape
クリ膨らむ

CA3I665300010001.jpg 西荻窪駅の南、高井戸第四小学校のそばにある、栗林の栗が大きくなってきた。ただ税金逃れに植えた木だと思っていたが、秋には即売するらしい。手がかからない栗の木を植えて、近所の人に売るだけだから、これを営農と言っていいのかどうか。住宅地のど真ん中に二つの畑、合わせて200坪くらいだろう。杉並区には真面目に農業をしている人も多いが、ここはちょっとな。

 我が家には丹波の栗がやってくるから、杉並の栗を買ったことはない。でも今年はちょっぴり買ってみようか。というわけで、今日は都心に出向くけどゲリラ豪雨は勘弁してくれ。
CA3I665400010001.jpg
 

| - | 04:57 | - | - |
tape
イチモンジセセリ

180811_0803~010001.jpg ほんの少しだけど、朝夕が涼しくなった。それでも明け方の散歩で汗びっしょりになる。湿気が多いせいだろう。散歩のあとのシャワー、そして朝ビール、古希まで秒読みの男の日課である。

 ペチュニアやサフィニアには、あまり蝶は飛んでこない。だけど我が家のミニサフィニアには、毎日イチモンジセセリが吸蜜にやってくる。この蝶は昔は吉祥寺にたくさんいたのだが激減してしまい、それでも3年くらい前から復活のきざしを見せている。盛衰の理由はわからない。

 6月から晩秋まで飛んでいて、その間に3回か4回羽化するのだろう。いつもの年なら9月下旬から10月中旬にかけて数が増えるのだが、今年は8月半ばなのにたくさん飛んでいる。その理由もわからない。猛暑とは関係ないような気がするが。

 というわけで、5時になった。散歩に行ってこよう。いまセブンイレブンで「朝セブン」をやっている。コーヒーとサンドイッチで税込み300円。公園でコーヒーとサンドイッチしたら、帰宅後しっかり朝メシだ。真夏は食欲が止まらない。どういうジジイなんだ。
180811_0803~020001.jpg
 

| - | 04:50 | - | - |
tape
漢民族かな?

CA3I665500010001.jpg きのうは夕方更新すると言いながら、結局更新できなかった。嘘をついてごめんなさい。

 先週水曜日の記事で、「山根明という出自不明の老人」と書いた。もちろん、あの押しの強さ、濁音が苦手な日本語、息子の名前などから玄界灘を渡ってきた人とは分かっていた。いま発売中の週刊新潮が、釜山からの密航者であることを本人に語らせている。いつもは見ないが、今日は「アッコにおまかせ」を見てみよう。『ナニワ金融伝 ミナミの帝王』を叔父に持つ金福子(日本名和田アキ子)が、ボクシング連盟の話題を取り上げるかどうか見てみたい。大阪の不良朝鮮人社会の底辺からのし上がってきた、山根明という老人を語れるかな。

 先週公開の2軒は三桁だった。「伊従」さんは「いより」さんで全国104軒。神奈川89(愛川町51)、東京7、千葉・埼玉各3。由来不明。「夏刈」さんは全国5軒。神奈川に3軒、長野に2軒。僕が見つけた家は電話帳非登録。ただし「夏苅」さんは全国に109軒あった。神奈川87、東京7、千葉・愛知各4、埼玉・兵庫各3。「刈」と「苅」は字体違いだから「夏刈」を一桁苗字とはしない。こちらも由来不明。今回も鍋谷さんに教えていただいた。感謝。

 さて本日公開は写メの2軒だ。上は「りゅうほう」さんだろうか。漢民族が喜びそうな漢字の組み合わせだ。何代か前は中国人かな? 下は「しのくま」さんだろう。どちらも初めて見た苗字だ。というわけで、今日は家で雑用してますよ。
CA3I660400010001.jpg
 

| - | 05:30 | - | - |
tape
帰宅後更新

CA3I665100010001.jpg 急遽、埼玉県まで出かけることになった。時間がないので、夕方帰宅してから更新するよ。最近こういう不手際が多くて、いや面目ない。写メは今朝の散歩で手掴みした♂のミンミンゼミ。もちろん撮影後釈放したよ。というわけで、覗いてくれた人、ゴメンナサイ。
 

| - | 08:36 | - | - |
tape
げに名古屋は恐ろしい

CA3I664700010001.jpg 名古屋に帰省していた人と、名古屋から出張でやって来た人にお土産をいただいた。それがなんと、メーカーは違うが「小倉トースト風味」のクッキーなんである。では小倉トーストとは何ぞや? 写メ上は不二家が名古屋地区限定で販売している「カントリーマアム(田舎のおっかあ)」という商品の箱である。箱の左下に写っているのが小倉トーストらしい。バターを塗ったトーストの上に、煮た小豆をたっぷり載せ、さらにバターを置いた食い物なんだ。さすが名古屋人、ゲテモノ道を究めんとする根性は立派なもんだ。

 写メ下は「名古屋ふらんす」という聞くのも恥ずかしい名前のクッキーで、やはり同じような写真が印刷してある。僕は日本人は呑気で馬鹿だから、いずれ大井川から西は中華人民共和国日本省、東はアメリカ合衆国日本州になってしまうと思っているのだが、名古屋だけは無事だな。味噌カツだのてんむすだのゲテモノだらけの町を、欲しがる国があるとは思えない。アイスランドやシンガポールなど、同じような面積の国はあるから名古屋が独立国になってもおかしくない。でも、もし中国に編入されたら名古屋弁なまりの北京語が話されるのだろうか。你好の発音はニャーハオだな。

 というわけで、今日は都心で真面目な顔してますよ。
CA3I6657000100010001.jpg
 

| - | 07:01 | - | - |
tape
ごめん、忙しい

CA3I063900010001.jpg 我が家の近所で台風13号の影響はなかったが、外房にいる親しい漁師さんたちが心配だ。船に被害が出たという情報はないけれど、自宅はどうかな。

 今日は忙しくてゆっくり更新している時間がない。ごめんなさいね。写メは苗場山と秋山郷の小赤沢の集落。来週末から僕はここで酒呑んでるよ。というわけで、もうすぐ出かけなくちゃいけないんだ。
 

| - | 07:44 | - | - |