● 自己紹介


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
●リンク
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

05
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
| 1 / 344 pages | >>
tape
まだ春なのに

dc05180400010001.jpg 旧暦はもちろん、新暦でもまだ春なのに、善福寺池で夏の季語であるハスの花が見ごろになった。花の数はまだ最盛期ほどではないが、十分にその美しさを楽しめるだけは咲いている。撮影は一週間前だが、今日はもっと咲いているだろう。今から朝メシ前の散歩で見てこよう。ハスを足元に見るベンチで朝ビールしてやろう。勤め人時代や店をやっていた頃は、そんな楽しいことはできなかった。平日の朝に公園で朝ビール、老人になるのも悪くない。

 次女が持ってきた島豆腐の賞味期限が今日までだ。今年初めてのゴーヤチャンプルで晩酌してやろう。ノーテンキ老人の一日はこうして暮れていく。
dc051806_-_コピー00010001.jpg
 

| - | 04:11 | - | - |
tape
街じゅう薔薇だらけ

CA3I5522000100010001.jpg 今の季節、街じゅうバラだらけだ。我が家のフェンスのバラもよく咲いている。去年は肥料が少なかったから、今年の花は少ないと思っていたのにたくさん咲いてくれた。花後のお礼の肥料をたっぷり施そう。

 19日のブログで善福寺川のカワウのことを書いた。急に数が増えたのはオタマジャクシを食いに集まってきたのではないかと書いたら、日本野鳥の会愛知県支部総務部長より丁寧なメールが来た。「(前略)僕の記憶によれば善福寺川はそれほど深くないし、カワウが潜って魚を捕る環境ではないと思います。ですのでわざわざ餌を狙って善福寺川に来たものではないでしょう。移動途中の立ち寄りでしょう。目立つようになったのは、多分たまたまだと思われます。継続して観察しないと何とも言えませんが。(後略)」だって。

 どうして愛知県に住む男が、善福寺川の水深なんか知ってるかといえば、彼はむかし吉祥寺に住んでいて、中学校の同級生なんだよ。今年の秋口あたり、上野原会で会うだろうから、その時に鳥のことをいろいろ教えてもらおう。僕は昆虫に較べて、野草と野鳥の知識が乏しすぎる。もうちょっと知識をバランスよくしたい。というわけで、次女の帰省により体重が増えた僕は、今週は節食しようと思う。旨そうな夏酒も手に入ったけど、呑むのは来月になってからだ。
CA3I5521000100010001.jpg
 

| - | 05:44 | - | - |
tape
沖縄産ウイスキー

CA3I5519000100010001.jpg 次女が沖縄からウイスキーの小瓶を持ってきた。泡盛「蔵」を作っているヘリウス酒造が蒸留した「暦」という銘柄だ。「こよみ」ではなく「REKI」とルビがある。今夜スモークサーモンと新じゃが味噌煮をつつきつつ、ストレートで一杯、ロックで一杯やってみよう。なにをツマミにしたってウイスキーに会うわけじゃない。このシングルモルトに、しいて合わせるとしたら塩豆くらいか。毎晩、なにかしら珍しい飲み物や食い物があるのは幸福な老後だな。どうだ短足、うらやましいだろう。貯えがあるのに冷凍おやきでケミカル焼酎呑むんじゃねえよ。いや、余計なお世話だった。

  次女は3泊4日であわただしく帰って行った。たくさんの土産を置いていってくれた。たくさん金を使わせて、いや申し訳ない。もっと自分のために使えよ。と言いつつも、明日の晩は沖縄カマボコといぶり島豆腐で一杯やろうと考えている僕ちゃんであった。今日も暑くなりそうだけど都心に出るぞ。
 

| - | 05:40 | - | - |
tape
珍名の予感

CA3I5510000100010001.jpg 先週公開の2軒は予想通りの数であった。「野嶽」さんは「のだけ」「のたけ」さんで全国65軒。富山22(高岡市17)、北海道22、東京・鹿児島各5。「下土居」さんは「しもどい」さんで全国30。広島14、東京5、兵庫・愛媛各3、大阪2。どちらも由来は不明らしい。またまた鍋谷さんの御教示を得た。多謝。

 さて本日公開は写メの2軒だ。どちらかが一桁苗字のような気がするが。写メ上は「かわさきや」さんだろうか。「かわさきしゃ」じゃないような気がするが。「酒房いさき」の常連さんに「河崎屋」さんという人がいたけど、ルーツは違うような気がする。写メ下は「やまほ」さんだろうか。体調が回復してきたから、梅雨入り前に散歩距離を稼ぐようにしている。今日は長女と次女、それに孫が来ているから、朝メシ前の散歩だけ。セブンコーヒー買って公園で飲むだけだから珍名には出会えない。

 ゆうべ酒場で平日に釣りに行く公務員とバッタリ。なんとお父さんになったという。おめでとう。でも彼は40代後半だ。子供が大学どころか中学を出る時には定年になっている。病気にならず頑張って働いてくれ。というわけで、今日は夕方の便で沖縄に戻る次女に持たせる常備菜を作ったり、孫と遊んだりで忙しい。次女は極上のマッサージに接待すると言ったけど、とてもそんな時間はないだろう。
CA3I5514000100010001.jpg
 

| - | 06:13 | - | - |
tape
お持たせ

CA3I5507000100010001.jpg ルッコラが食べごろになった。これから間引き菜をサラダに入れるが、採りたて5分以内で食べるからきっと美味いだろう。ルッコラ大好きおばさんの次女も帰省中だ。娘をおばさんと書くのも悲しいけど。

 娘は明日の夕方の便で沖縄に戻る。そのときに持たせる常備菜やツマミを作ってやろう。ヤマウドの皮とレンコンとゴボウのミックスきんぴら。沖縄は暑いし梅雨の真っ最中だから濃い目の味付けにしよう。防腐剤など入ってないから、食べる分だけ器から出したら速攻冷蔵庫にしまうよう厳命しよう。牛肉のそぼろも同じこと。今年4回目にこしらえたキャラブキも、濃い目の味に煮直そう。ワラビは今夜遅くに灰を掛け、熱湯を浴びせておくことにする。

 今日の昼飯は久しぶりに沖縄そばにしよう。具は沖縄かまぼこ、あと何がいいかな。次女は市販品のラフテーを買ってこなかったし、これから作る時間はない。ジーマミ豆腐をアテに昼ビールしてから、沖縄そばを食おう。僕は写メ下の「糸満そば」という銘柄は初めて食べる。旨けりゃいいな。というわけで、ノーテンキな爺さんは今日は台所で忙しい。夜はカミサンと次女と一緒に呑みに行く。僕らが呑んでいる間に、ママ友と食事会を終えた長女がやって来て泊まっていくらしい。僕らが酔っぱらって帰宅するころ、孫はもう寝ていることだろう。
CA3I5513000100010001.jpg
 

| - | 06:33 | - | - |
tape
かわいそうなお母さん

dc051809_-_コピー00010001.jpg きのうの朝のことである。善福寺池のぐるりを回り、善福寺川を下って荻窪駅まで歩いたら川面に悲しい光景を見た。

 写メ上がそれである。メスのカルガモが一羽の雛と身を寄せ合って泳いでいる。今の時期、カルガモのお母さんは5〜7羽くらいの雛を連れているのが普通なのに母ひとり子ひとり。おそらくは孵化する前の卵がカラスかネズミに食われたか、卵の殻を破って出てきたものの、野良猫かカラスに襲われたものと思われる。けなげな母子家庭を見て、心の中で頑張れよと叫んじゃった僕であった。

 ここ数日、善福寺川にカワウ(川鵜)の姿が目立つ。善福寺川は神田川に流れ込むのだが、神田川の中・下流域ではアユの遡上が確認されているらしい。でも、さすがに杉並区まで稚鮎は遡ってこないから、カワウたちは何を餌にしているのだろう。大きなコイはたくさんいるけど大きすぎて食べられない。ときどきモツゴやアブラハヤが泳いでいるのを見かけるが、何羽ものウを養える数じゃない。きっと孵化してひと月近く経ち、かなり大きくなったオタマジャクシを狙って集まってきたと思われる。僕の推測は正しいだろうか。日本野鳥の会愛知県支部総務部長、教えてくれい。写メ下はきのうカワウと見つめあっていたら、サービスで羽を広げてくれた。ありがとね。なお地面が白いのは雪じゃない。そこだけコンクリートが白くなっているんだから、そこんとこよろしく。

 朝刊を取りに玄関を出たら三和土に見慣れぬ女物の靴があった。次女は無事帰宅したらしい。今夜は一緒に呑むことになろう。
dc051816_-_コピー00010001.jpg
 

| - | 05:02 | - | - |
tape
河川法

CA3I367000010001.jpg 阪神タイガース快調。このままいけば優勝だ。そうすると大勢の阪神ファンが写メ上の戎橋から、真下の道頓堀川にダイブする。1年おきに人が死ぬ。おととしは韓国人観光客の若者が溺死した。今年タイガースが日本一になったりしたら、間違いなく誰かが死ぬ。勝手に死にやがれと思う。死体捜索をさせられる警官や役人を気の毒だとも思わない。だって、あいつら何の策も講じていないんだもん。

 日本の河川法は、川はみんなのものだという民主的な法律だ。だから川に飛び込んだり泳いだりしてはならないという条文はない。たとえば浅草橋にある会社が社内運動会で、大勢の社員に対岸の両国まで隅田川を泳がせても法的な問題はない。往来する船舶の邪魔さえしなければ、社長さんや総務部長が書類送検されることはない。道頓堀川も同じことだ。

 確かに法で規制することは難しいだろう。だけど、大阪府か大阪市が条例を作って飛び込み禁止にすればいいではないか。死人が出そうなほどの騒乱が予想される時は、大阪府警が橋を通行止めにすればいいではないか。それをしないのは、行政が道頓堀川ダイブを大阪名物、観光資源と考えているからに違いない。溺死者も貴重な人柱だと喜んでるんだろ。今年の秋も人柱が1本か2本。

 写メは上下ともおととしの10月撮影。写メ下は戎橋より10分足らずの所にある。この日はオール阪神・巨人と西川きよしが出ていた。なお現在の僕はこの写真より6キロ痩せているからそこんとこよろしく。今夜沖縄から娘が帰ってくる。たった3泊4日の帰省。今日仕事を終えてから最終便に乗るらしく、我が家到着は日付が変わるころだ。僕は21時半には寝ちゃうから会うのは明日になる。
CA3I366500010001.jpg
 

| - | 06:31 | - | - |
tape
自分で奉祝3500回

CA3I177500010001.jpg 2006年9月日にこのブログを始めた。今日で3500回目だ。我ながらよくやったと思う。「酒房いさき」営業中は宣伝ツールとして、廃業後はボケ防止のために、できるだけ毎日書くように頑張ってきた。毎日面白いニュースがあるわけじゃない。平平凡凡な日が続くと、何を書いたらいいのか困ってしまうけど、そこをなんとかするのが認知症予防だ信じてPCに向かってきた。3000回の時点で字数的には「源氏物語」を抜いたけれど、なんとか「大菩薩峠」を超えてみたい。ちなみに2500回目は2014年11月28日の『ディープ台湾紀行』だから、そこんとこよろしく。

 2014年は孫娘が生まれた年だ。写メ上は生後3日目で、器量の悪いのが出来ちゃったと嘆いたけれど、僕がブログを千余点書きつづけるうちに普通の女の子になった。写メ中と下は今月の初めに撮影。めでたい節目の回だから、現在の生き甲斐である孫の写真を載せちゃった。ジジ馬鹿と嗤われるのは承知の上である。というわけで、馬鹿ジジは都心に行くぞ。
IMG_23170001.jpg
CA3I5490000100010001.jpg
 

| - | 04:51 | - | - |
tape
貧乳巨顔

CA3I5505000100010001.jpg 庭にムラサキツユクサが咲いて、近所の空き地にヘビイチゴが実をつけ、いつもと同じ5月の半ば、僕はいつもと違って咳が止まらない。

 昭和53年生まれの39歳、長女と同じ歳の看護婦と昼飯を食っていた。クリームコロッケを頬張りながら彼女が僕につぶやく。「ワタシ、浜崎あゆみと歳が同じなんですけど、あゆゆって顔が胸より小さいんです。でもワタシは顔が胸の4倍あるんです」 ごめんね。僕は君の悩みを解決する知恵もお金もない。君の貧乳巨顔はアベシンゾーのせいでも、金正恩の策謀でもない。神様が悪いんだよ。

 裕次郎の「北の旅人」を麗君の歌で聞いた。裕次郎をちあきなおみや八代亜紀で聴くことはあるが、もっと優しい声で聴くのもいいもんだ。というわけで、今日は午前中会議、いったん帰宅して夕方からまた出かける。病み上がりでも忙しい。さあ、あしたのブログは一つの節目になる。なにを書こうかな。
CA3I5509000100010001.jpg
 

| - | 07:43 | - | - |
tape
悲しい

CA3I55040001000100010001.jpg おとといの風雨で柚子の花がかなり落ちてしまった。それでなくても今年の春は花が少なかったのに、これでは実が収穫できないよ。収穫皆無ということはないが、せいぜい100か200、そんなもんだろう。それだけ獲れれば上等じゃないかと言われそうだが、我が家の柚子は大玉じゃない。小柚子なんだ。ジャムと柚子味噌をこしらえたらポン酢の分はない。どうしよう。

 処方された薬は今朝で終わりだ。熱は下がっていて、薬なしでも大丈夫のよう気がするが、まだ鼻と喉がおかしい。医者は薬が切れたあと、自覚症状があればもう一度出頭せよと言った。どうしよう。このままバックレても平気だと思うが。というわけで、僕は朝メシを食ったら都心へ。再受診するとしたら夕方になる。
 

| - | 05:22 | - | - |